16:24:15
28

情熱の空手チョップ

水戸華之介&3-10Chain、ニュー・アルバム『ロケットが飛ぶだろう』を4月3日に発売


水戸華之介さんといえばもう解散してしまったバンド「アンジー」の元ボーカルです。
このアンジーというバンド、私は小学生の頃にメチャメチャハマっていたんですね。

目の周りにクマがあって(メイクだと思いますけど)頭にバンダナを巻くボーカルの
外見が当時小学生の私には怖かったのと、
歌詞が面白くて聴いてて楽しかった思い出があります。

でもあまり世間的には有名では無かった・・・のかな?
私の周りにアンジーを聴いていたのは友人ただ一人でした。
(この友人がアンジーを薦めてくれたのですが)

ちなみにアンジー好きの有名人は多いらしく、Wikipediaでは以下のような記述が。

・悠久山安慈(ゆうきゅうざん あんじ) - 和月伸宏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物。バンド名が名前の、三戸華之介が外見のモデルとなっている。 また、同漫画において、「マグマの人よ」の歌詞が書かれていた。

・ダウンタウンの松本人志が、自身のラジオ番組などでしばしば「夢で逢えたら」の1コーナー「バッハスタジオⅡ」に出演したバンドの中で一番印象に残っているバンドとして彼らの名前を挙げることがある。特に「天井裏から愛を込めて」が好きだったとのこと。因みに、彼らとの思い出を語る際、「ボーカルの人(三戸華之介)は風貌こそ怖そうに見えるが、すごく腰の低い良い人だった」と必ず付け加える。


久々にアンジーの名前を聞いてYoutubeなどで探してみたら結構ありますね。
懐かしくて涙が出ます。
しかしもうCDははるか昔に売ってしまったんですよね・・・。取っておけば良かった。








ちなみに当記事のタイトルはこのページの5曲目。 品川区大井町の整体院
腰痛、肩こりに
大井町整体院


大井町整体院の口コミ評価はこちら/エキテン

大井町整体院 Facebookページ


武川

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。